子供にいい教育を受けさせたいということで幼稚園を考えている人もいるでしょう。なんといっても、大学まで受験せずに済む学校もあります。といっても、あくまでも私立です。なので、教育費用は高くなります。でも、幼稚園とはどんなことをするのでしょう。とにかく、受験するのは有名小学校に行くためのステップになります。というのも、幼稚園で受験といっても乳幼児が勉強できるわけがありません。結局は親の審査が必要でしょう。なるたけ、環境のいい園を選ぶのが親の義務です。ただ、こういう園は人気が高いです。大体、子供の将来を考えて入試に備える必要があります。ただ、乳幼児に筆記試験があるわけではありません。理由は沢山、あります。まずは家族でよく話し合って納得することが大事になってきます。そして、受けるのなら園のことについても調べておきましょう。

幼稚園受験をするメリットとデメリット

幼稚園受験をするメリットとデメリットについて考えていきます。まずは、幼稚園受験をするメリットから考えていきます。そのメリットというのは、その系列小学校へは内部進学だけで進学することができる制度があったり、その系列が大学まで有していれば、内部の簡単な学内試験だけで大学まで進学することもできます。つまり、大学受験の厳しい入学試験を受けずとも簡単な学内試験だけでエスカレーター方式に大学まで進むことができるということであります。ですから、そのスタートラインに立てることができる幼稚園受験は確かに厳しいこともありますが、一度入学してしまえば将来的には余裕をもった学生生活を送ることができますので、将来を考えるとメリットはかなり大きいです。一方デメリットは、学費が高いということです。両親の経済的余裕さがどうしても必要になってきます。

子供の幼稚園受験について

子供をどんな幼稚園に通わせたいか、理想がある人も多いのではないでしょうか。もちろん受験なしで入れる所も多いですが、中には必要な所もあります。エスカレーター式に大学まで進学できる所や、独特の教育方法をとっている所など、人気のある幼稚園は倍率も低くはありません。幼稚園受験は、子供だけでなく親の面接がある場合も多いです。服装や髪形だけでなく、話し方や子供の将来についての考え方なども聞かれることがあります。受験項目は、子供の発達段階相応の発達をしているか、健康であるか、将来性があるかなどを審査していることがあります。合格するために、幼児教室に通う子供も多くいます。単に学力をのばすだけではなく、体操をしたり、絵画を習ったりする人も多いです。合格には総合的な力が必要です。親子ともに大変ですが、子供のためにがんばりましょう。

伸芽会で行っている小学校受験の公開模試には、毎年2万人が参加しています。 多くの合格実績があるからこそ分かる、面接対策をアドバイスします。 親では分からない、客観的な視点からの教室でのお子様の様子を報告します。 「いつもは出来るのに、本番では出来なかった」なんてことのないように独自の工夫をしています。 希望の幼稚園、小学校の受験対策に特化したクラスでは合格まできめ細かく指導します。 受験をするなら幼稚園から。伸芽会